LIFE

【デニム生地の進化】ジーンズはボトムの主役には返り咲けない話

 

ネガティブキャンペーンをするつもりではありません。

ファッションとしてアメカジを意識する人は、ジーンズに対するこだわり度が高いでしょう。その中でもジーンズがファッションの中心になる人(筆者も)には一家言ある方は多いと思います。

常々言ってますが、筆者を含めてジーンズ意識高い系は世間的には残念ながら相当マイナーな存在です。

ファッションの中でボトムを考えると、ストレッチ素材のパンツが主力です。快適さを追求するが故にパンツ素材も進化しています。それが売れるモノの本質でしょう。綿100%のゴワゴワしたデニム使いのジーンズが将来ボトムスの主役に返り咲く事は考えられません。

ポリウレタン大活躍!

綿100%のデニム生地は、織機の進化で幅広にはなりましたが、根本的には100年前のデニム生地とさほどの変化はありません。それが良いところなんですが、時代が許してくれないわけです。どんな商品でも快適さの追求は永遠のテーマ、なので我々が言う『正統派ジーンズ』は、もはや趣味の世界に生き続ける遺産と云える存在だと認識せざるを得ない… ジーンズ産業の将来が心配です…

ガイアの夜明け 3月27日放送』で特集されたジャパンブルーの面白い試み。同社が独自開発した青色が落ちない『シン・デニム』を利用して、学生服や家の内装に使うと云う発想。

これは目の付け所がシャープです。心理学的に云うと、青色は心を落ち着かせる効果があるので一石二鳥です。

ジャパンブルーのシン・デニムについては、こちらから

インディゴブルーを内装に組み入れるのは絶対アリだと思います。息子の部屋のカーテンはブルーですが、オフホワイト×ブルーは色の相性が良いので取り入れてました。

琉球畳風のデニム畳、色目の濃淡をつけてとてもお洒落な仕上がり。

ジャパンブルーの社長自ら手染めのタペストリー、これだけでも相当な価値があると思います。(家の購入者にプレゼントなんだろうか?)

デニム生地は火に弱い為、カーテンなどの内装用製品には使えません。しかし今回インテリアに使用されたシン・デニムは、難燃加工処理されて基準を満たしているようです。

デニム生地も進化せざるを得ない時代。色落ちという経年変化が我々アメカジフリークにとっては堪えられない魅力だったのですが、それだけでは商売ベースでの採算が合わない時代なのです。

今後はデニム生地の利用用途を拡大させてゆく必要性があるのです。メイドインジャパンの底力、日本企業の技術力、デニム生地の進化を今後も見守り続けたいと思います。

10年後、20年後、『デニムと云えば何を連想しますか?』という質問に、『ジーンズ』という答えは少数派になっているかも… そんなことをふと思う今日この頃です。

関連記事

  1. LIFE

    使えば使うほどに味が出る品を愛用してますか?

    使えば使うほど味が出る品を愛用したい欲望、持ってますか? (さ…

  2. LIFE

    アメカジの伝道師 枻(エイ)出版社 【2nd 5月号】本日発売に思う事…

    木編に世、『枻』って漢字検定の勉強してるか、枻出版社を知らないと読めま…

  3. LIFE

    ヴィンテージウエアの処分は ヤフオク? メルカリ? それともヴィンテージストア? その2

    今日は、ヴィンテージストアで手持ちのヴィンテージウエアを処分する方法で…

  4. LIFE

    【大谷翔平】野球カードのプレミア価格は今後どうなる?【サインカード】

    大谷翔平さん、アンビリーバブル!3試合連続ホームランなんて想像もしなか…

  5. LIFE

    伊勢丹松戸店 本日最終日 本当にご苦労様でした! 松戸市民として、今日を迎えて…

    松戸市民としては、ブログに書くことで記憶に残したいと思います。2018…

  6. LIFE

    原宿渋谷 アメカジ散歩  Vol.1 懐かしのアメカジ名店編

    今日から、渋谷原宿のアメカジにまつわる名店を紹介します。個人的な主観で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. VINTAGE

    LEVI’S501に憧れちゃったいきさつ
  2. LIFE

    原宿渋谷アメカジ散歩 Vol.4 紹介したい隠れ家的な名店編
  3. VINTAGE

    思い出のGジャン LEVI’S S506XX
  4. VINTAGE

    【リーバイス501】アーキュエイトステッチ運針数を数えてみた【暇人】
  5. ブログ

    【オヤジのお悩み相談室】読み返して欲しいブログ記事特集2【3月編】
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。